読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタ卒した非モテ女の恋活ブログ

街コン.恋活パーティーなどの戦歴

街コン2戦目の話

 

今回は風間くんと付き合ってる間に行った、去年7月某日の街コンのお話です。

何故彼氏がいるのに行ったのか?前回の記事を読むと薄々分かるとは思うんですが、この頃にはもう既に雲行きが怪しかったんですよ。実際ずるずると11月まで付き合ってはいたものの、8月頃から1ヵ月に1回会うかどうかでしたからね。

 

とりあえずまた大宮の街コンに行きました。2戦目では小中学校と一緒で、今ではTDR年パ仲間でもあるお友達ちゃんと参加しました。お名前はハンドルネームをちょっともじって、ルナちゃん(仮名)とします。

ルナちゃんはこの時が街コン初参戦だったのですが、前回と違い立食タイプではなく完全着席だったので圧迫面接がすごくてですね?そりゃもうキツかった。

 

その時いいなぁと思ったのは放射線技師さんでした。ひょろっと長身白肌の地味メンで甘党でした。甘党くん(仮名)とします。

甘党くん以外ぶっちゃけどうでもいいなとは思ったものの、ルナちゃんがその時連絡先を交換したメンズの友達が私にめっちゃアピってくるわけですよ。薄毛の20代半ば、顔は下の中。いや、絶対無理。しかしその薄毛マン(仮名)の連絡先をルナちゃんにアピったメンズの前で「いらないです」とは言えず、とりあえず交換しました。

 

二次会にはRADWIMPS野田洋次郎似のメンズとその友達のグループに誘われて行ったのですが、時間の関係で唯一回ってこなかったテーブルのメンズが素知らぬ顔で着いてきまして。男4:女2という謎の比率で二次会を迎えました。

洋次郎(仮名)の近くに座ってたんですけど、まぁ見てくる見てくる。素知らぬ顔で着いてきた方のメンズのうち1人。私の地元で市役所勤めをしているらしいメンズでした。

めっちゃ見てくるじゃんと思って首を傾げて見返すと「どうしたの?俺のこと気になる?」みたいな表情で首を傾げ返してきました。いや、てめえがどうしたんだよ。LINE交換しましたが3ラリーくらいして私からブロしました。ごめんな。全く1mmも可能性は感じられんかったんじゃ。

 

甘党くんとは街コン後連絡を取り合うものの、1日1通ずつしかラリーが出来ないんですよ。忙しいのかなとその時は思ってたんですけど、今なら分かります。私にも全然興味なかったんだわ。というか甘党くん自体は街コンあまり興味なかったようで、お友達の付き添いって感じだったようです。ちぇっ。

結局デートの予定を取り付けることなく甘党くんからの連絡がいつしか無くなったのでした。

 

薄毛マンの方はアピが激しくて、LINEは即レス。朝昼晩関係なく。めちゃくちゃ怖い。

デートのお誘いもグイグイ来るんですけど「ドライブデートにしよう」「カラオケとかもどう?」「飲みに行こう」などとまあとりあえず2人きりになろうとするところがほんとに、めちゃくちゃ怖い。

ルナちゃんにアピってるメンズの友達とはいえ耐えられず、「すいません彼氏います」と言って精神的ブロックを掛けました。ほんとに怖かった。付き合って別れたらストーカーとかになりそうなタイプですね。

 

そんなわけで、2戦目の街コンは圧倒的敗北でした。無念。

次は風間くんと別れてから行った街コンの話をします。

 

 

広告を非表示にする